0823

かつてそれは、
ずいぶん美しい音楽にのって
まちを走るその車は
さめざめしい雨のごとくまるで
さらさらと耳心地よく
私、彼の横顔を忘れないことにしたわ。